MASEEETA

ABOUT

MASEEETA

お面の半裸野人から、ドラム一つでポップの深遠さを追求してゆく、さすらいのジャンル超越者へ−−。15歳のころに日常の退屈とリビドーの捌け口として出会ったドラムは、しかし今では言葉よりも雄弁に彼の想いを紡いでくれる、無二の相棒だ。なにしろ、マシータはそこにいる誰よりも真面目で、いつも優しい気遣いの男。ゆえに内側に貯める熱量の激しさもハンパないこともまた、想像に難くない。それが激しさと柔軟さと奇抜なアイデアを併せ持つそのプレイ・スタイル−−NATSUMENからビート・クルセイダースに至るまでの軌跡において、私たちが確認できたあの音−−に反映されているであろうことも、だから、おのずと納得がいく。

続きを読む

EQUIPMENTS

MASEEETA

2009年12月に手に入れたこの米国LUDWIG(ラディック)社製のドラムセットは、僕が大変尊敬し、計り知れない程の影響を受けた、、1968~1980年に活躍した英国のROCKバンド、LED ZEPPELIN(レッド・ツェッペリン)のドラマー、BONZO(ボンゾ)こと、JOHN HENRY BONHAM(ジョン・ヘンリー・ボーナム:1948生~1980没)が愛用していた木製のドラムキット(『ドラムセット』のことを『ドラムキット』ということもあります)と同じ仕様のものです。

続きを読む

LESSONS

2012年に40才という年齢を迎えまして、これからはライブやレコーディングなどの普段の演奏活動に加え、これまでの経験を活かして、後進の指導にもあたっていきたいと思います。

【 マンツーマンのドラムレッスン 】を開始します。

「ドラムを習いたい」という人には、それぞれにいろんな目的や目標があると思うのですが、例えば、

シンプルに「ドラムに興味があって始めてみたい」という方もいらっしゃれば、「プロの演奏家を目指したい」という方もいらっしゃると思いますし、他には、「趣味でドラムをやっているけど、もっと学んで楽しみたい」という方や、具体的に「この曲のこのドラムを叩けるようになりたい」など、

さまざまなご希望があるかと思います。
そういった、いろんな方のニーズに応えて進めてゆきたいと思いますので、受講をされる前に、ぜひみなさまのご要望をお聞かせいただければと思います。

続きを読む

NEWS

LIVE RECORDING

WELLCOM TO SESSION

MASEEETA

この[ Welcome To Session ]というのは『誰でも僕と一緒にセッション出来る』、逆にいうと『僕が世界じゅうの人たちとセッション出来る』という全世界的にもめざましく画期的な(と勝手に自負!)コンテンツです!

続きを読む

BUTTON


VIDEOS

    No Videos Found

PHOTO

MOBILE SITE

MOBILE SITE

ケータイ版『MASEEETA.COM』へのアクセスは、お手持ちの携帯電話にてこちらのQRコードを読み取っていただくか、URLに直接 http://maseeeta.com と入力していただきますと閲覧可能となります。どうぞよろしくお願いいたします。

CONTACT

マシータへのドラムおよびその他業務の依頼・ご意見等は、コチラからご連絡をお願いいたします。

BUTTON